Other

Japan
Crew
Image

【短期滞在でも効率よく!】旅行先でのプランニング方法

2017年12月08日

今回は、〈CA流〉海外短時間滞在 プランニングのコツをシェアします。

CAは仕事柄、限られた時間の中で逆算をしながら動くことが習慣化していますよね。
毎月のスケジュールは翌月分が月の下旬に割り当てられることが基本となっており、予定か立てにくいことも大きく影響している気がします。

国際線に乗るCAでも各地の滞在日数は平均2〜4日。1.2日という短いステイでも回れるように自然にプランニングをしています。


短い滞在でもプランニングのコツさえ掴んでしまえば、出張の合間や乗り継ぎ時間などを利用して楽しむことができますよ。



① 天気を調べる
まずは滞在中の天気を調べましょう。長い滞在ならば別日に振り返ることも可能ですが、短い滞在において計画の変更はできるかぎり避けたいもの。到着前後に目的地周辺の天候をしっかりとチェック。

② プライオリティを決める
買い物、観光、食事…海外でやりたいことはたくさんありますが、限られた時間で全部を味わうのは物理的に厳しいのが現実。ここで大切になってくるのが優先順位です。
事前にwebなどでリサーチし、「ここだけは行きたい、これだけは食べたい」と思うものに順位をつけていきましょう。観光スポットに出掛けるならば、どの時間帯がより楽しめるかなども考えてみるといいですね。

③ アクセス方法を調べる
大きな都市であればメトロが発達していると思いますが、そうでない場合にはバスやタクシーの利用になります。どちらにしても、海外版の路線検索アプリやUberなどのタクシー利用アプリなどを事前に落として、検索したページを写真保存しておくと便利。
日本のように電車やメトロが常に時間通り動いているわけではなく、ストライキや大幅の遅延の際にも対応できるように、時間は多めに見積もるのが大切。
路線図を写真保存しておくのもとても有効です。


④ 位置関係を把握する
それぞれの位置関係を確認します。各移動にはどんな手段を使って、どのくらい時間がかかるかということを把握します。行きたい場所の周辺はどんな様子かも調べておくと、食事をとる時間や場所もやんわりと決まってくると思います。地図アプリなどで、周辺の地図などをスクリーンショットしておくのも役立ちます。


⑤ チケットを事前にとっておく
事前にチケットを取る作業は日本人にとってあまり馴染みがないかもしれません。プライオリティを決め、観光スポットがメインのプランをたてる場合、重要になってくるのが希望の時間帯に入場できるかどうか。世界的に有名な観光スポットの場合、毎日予想をはるかに超える観光客が訪れます。みなさんがいきたいと思っている時間帯はだいたい集中しがち。そのため、実際に行ってみたけど入場制限で入れなかった、もしくはチケットが売り切れていたなど希望通りにいかないことが多々あります。(私もスペイン・グエル公園で、入場制限がかかってしまったという苦い思い出があります…。)
短い滞在においてこれは残念ですよね。有名な観光スポットの見学の前には、必ずwebサイトでチケットを調べておきましょう。ほとんどのサイトでクレジット決算ができるため、当日はブースに並ぶ必要もなくとてもスムーズに回ることができます。チケット画面はiBooksなどのアプリか、スクリーンショットで保存しておきましょう。

⑥ それぞれの滞在時間について
プライオリティとアクセス方法がわかったら、どこにどのくらい時間が取れそうか考えてみます。いきたい場所が遠い場合、その目的地以外の場所はいけない可能性がありますし、ツアーでない場合は地方に行けば行くほど電車やバスの時間帯も間隔が開いていきます。残念ながら日本のように時間に忠実でない国もあるため、余裕を持ったプランニングをしてみましょう。



日本で過ごすように、その日の動きがシミュレーションできたら完成です。
プランが出来上がったら、滞在するホテルなどで簡単な地図をもらって出発です。

ガイドブックの情報を元に街に出向くのもいいですが、自分なりにプランニングして行動してみると現地人のおすすめスポットに行けたり、思いがけない景色を堪能できたり、また違った楽しみを感じられることと思います。旅行先でやりたいことやこだわりはきっと人それぞれ。カスタマイズで短時間でも充実した滞在プランを作ってみてくださいね。
OTHER
一般公開
Comment
Japan

いつもガイドブックのスケジュール表を参考にしているんですけど、なかなかスケジュール組み立てるの難しいですよね。 どの順序でまわれば効率が良いか、オススメのアプリあったら教えてください。

2017年12月10日
Cancel
Post icon black

トピックを投稿する

添付するファイルを選択してください。ファイルは一つあたり1MB以下として下さい。一度に複数のファイルをアップロードできます。