Skill

Japan
Crew
Image

同業者も頷く、エコノミーでも素晴らしすぎる【 ターキッシュエアライン 】の魅力

2017年12月19日|Japanグループユーザー

Image
Image
Image
Image
Image


プライベートで旅行するとき、各航空会社を比較したい気持ちがあり、あえていろいろ使ってみた時期があります。

過去30社以上の航空会社を利用してみて、CAである私が選んだNo.1は、すばり【 ターキッシュエアライン (TK) 】。

値段、定時制、サービス、居住性…どれを取ってもかなり高い水準。同業者に選ばれる航空会社って本当にすごいなと思います。


ターキッシュエアラインの凄いところは、エコノミーとは思えない機内サービスの充実ぶり。
CA目線から見た凄さを少しだけお伝えします。



① 定時制が高い。
過去10回ほど利用してますが、国内国際に関わらず、遅れたことは一度もありません。(これ結構凄いことだと思います。)


② いつ乗ってもクルーが笑顔。
日本を結ぶ路線では海外クルーが一生懸命日本語で説明しようとしてくれます。(しかも一部のクルーだけではなく、海外クルーは全員そういった様子だったので、かなり新鮮でした。)


③ エコノミーなのに、メニューが手渡しされる。
初めて利用した時、「手が込んでるな」と思ったのは、ベルトサインが消えてから手渡しで配られるメニュー。ビジネスクラスでは一人一人にメニューを配っても、そう時間はかかりませんが、エコノミーでこれをやるのは驚き。しかもメニューカードもかなりしっかりとした作り。トルコと日本を結ぶ路線では1食目、2食目と食間サービス、ドリンクメニューが記載されています。


④ エコノミーなのに、アメニティも手渡し。
エコノミークラスでアメニティを配るエアラインって今どのくらいありますかね…。経費との兼ね合いから少なくなって来ているイメージがありますが、一切それを感じさせないターキッシュエアライン。
濡れても中には浸水しないしっかり目のポーチには、歯ブラシ、アイマスク、耳栓はもちろん、リップクリームも付いています。しかも、最大の推しポイントは『スリッパ』と『靴下』。しかも作りがちゃんとしているんです。スリッパだけでもかなりありがたいのに、寒い機内に備えて靴下も入れてくれてるなんて…。と毎回感動します。


⑤ エコノミーなのに、食間のスナックサービスが利用できる。
1食目と2食目の間、小腹がすいたらいつでもオーダーできる食間サービス。多くのエアラインではビジネスクラス以上でこうしたサービスを採用していますが、ターキッシュはなんとエコノミーでもこれを採用。
おにぎり、チーズプレート、フルーツ、チョコレートケーキ、クッキー、サンドイッチなど、内容もかなり豊富。いつも食間は爆睡…という流れなのでまだ利用したことはありませんが、次回はこのために起きていたいかも…と思うほどです。

⑥ 機内食が私史上、ダントツで美味しい。
今まで利用したエアラインのなかで、見た目も味もダントツで美味しいターキッシュの機内食。
エコノミーなのにオーブンで温められたブレッドが出ます。エクストラバージンのオリーブオイルがトレイに必ず付いており、おしぼりも香り付き。

⑦ 国内線でも、温かいパンのサービスが。
1時間ちょっとの短い国内線で、食事のサービスがあるなんて同業者からすると信じられないですが、ターキッシュエアラインの国内路線では必ず何かしら食べるものが配られます。
温かいサンドや、しっかりめのパウンドケーキが…。(どうしてそんなに手厚いの!)
チーズ、トマト、バジル、オリーブを大きめのパンで挟んだイタリア風のサンドイッチ。空港で買ったら確実に6ドルは超えると思います。しかも美味しいんですよね。お金払っても食べたいレベル。




書ききれないくらい手厚くて、驚きポイントが多いターキッシュエアライン。
大抵の場合クルーによって良い時とそうでない時がありますが、過去10回利用しても毎回同じ気持ちになれる、平均パフォーマンスが常に高い航空会社だと思います。ターキッシュエアラインの就航路線では、迷わずTKのチケットを取るくらい私の中での信頼と実績が高いエアラインです。

エコノミーでこのサービスって、ビジネスはきっと凄いことになっていそうですね…。いつか利用する機会があったら、また記事書きます!
SKILL
一般公開
Comment

コメントはありません

Cancel
Post icon black

トピックを投稿する

添付するファイルを選択してください。ファイルは一つあたり1MB以下として下さい。一度に複数のファイルをアップロードできます。