Column

: Crew's View

Image

もう我慢なんてしなくていい!カロリー控えめなのに美味しすぎる!簡単に作れる高級焙じ茶プリンとは?

2018年01月17日|Japan Crew

仕事柄、世界各地を旅することが多いCAだからこそ気付く"日本の魅力・地方を思う存分楽しむアイデア"を発信するCrew’s View。 毎回、各都道府県の編集部よりその土地オススメのお便りが届きます。 今回は「Crew's View静岡県編集部」からのお便りをご紹介します?

もうおやつは我慢しなくていい?

疲れていると無性に甘いものが食べたくなったりしますよね?
カロリーを考えて、大好きなスイーツを泣く泣く我慢することはありませんか?気になるカロリーも控えめで、忙しい女性たちのお腹もこころも贅沢に満たしてくれるのが、『高級焙じ茶プリン』。
罪悪感なく食べれる焙じ茶プリンは、おやつタイムはもちろん、プチご褒美タイムとして夜にもオススメです。
静岡県と言えば、『お茶』ということで、今回使うのは、静岡県掛川の深蒸し茶から作られる焙じ茶。掛川の深蒸し茶から作られる焙じ茶には、健康や美容にいいものばかりなんです!

◆健康や美容にも注目されている掛川の“深蒸し茶”とは?

掛川市は、がん死亡率が少ない市区町村ランキングで掛川市はランキング上位に出ています。その理由と考えられているのは、“深蒸し茶”なんです。深蒸し茶は、他の市の茶畑と比べて日照時間が長いため、他のお茶にはあまり多く含まれていない成分、pカロテン、ビタミンE、クロロフィルが含まれています。
さらに、渋みを和らげる深く蒸すことによって、甘みが増し、茶葉が砕けることで茶葉の細胞組織まで取り入れることができるため、栄養価が高いんです。

◆掛川の“深蒸し茶”から作られる焙じ茶で、『高級焙じ茶プリン』を作ろう!

深蒸し煎茶や茎茶などを(茶葉全体を)強火で炒った焙じ茶は、誰もが魅了され、ホッとするような香ばしい香りが日本一と言っても過言ではない。
そこで深蒸し茶から作られた焙じ茶を使ったカロリー控えめで、高級旅館で出されるような贅沢な焙じ茶プリンの作り方をお伝えします。甘いものを我慢している女性には絶対試してほしい!手軽においしく小腹も満たせる甘さ控えめなのに贅沢な気分が味わえる焙じ茶プリン。

簡単!高級焙じ茶プリンの作り方

◇材料(3~4人前)

・無調整豆乳 20ml
・テン菜糖 35ml
・ゼラチン 5g
・豆乳クリーム 10ml
・水 150ml
・ほうじ茶葉 7g

①お鍋に水、ほうじ茶葉を入れます。

②ほうじ茶の良い香りがしてきたら、一度火を止めます。

③、②へ調整豆乳、テン菜糖、豆乳クリーム、ゼラチンを入れよく混ぜま溶かします。
豆乳が分離しないように、沸騰させないよう注意しながら溶かしていきます。

④ゼラチンがしっかり溶けきったら、茶こしで茶葉を取り除きます。

⑤お好きな器に入れ粗熱が取れたら冷蔵庫で半日程冷やし固めます。

⑥固まったら、トッピングにお好みで黒豆、ほうじ茶葉の粉末、ホイップした残りの豆乳クリームを乗せて完成です。

ワンポイント:
白砂糖を使うのではなく、善玉菌を増やせる唯一の砂糖である甜菜糖を使うことで、ミネラルも豊富で、体を温めてくれる。さらに甘さ控えめで、まろやかで、上品な味わいの焙じ茶プリンに!

いかがでしたか?
疲れているときこそ、無性に食べたくなる甘いもの!カロリーの心配いらずな深蒸し茶から作られる焙じ茶を使ったプリンで、カラダもココロも満たしてあげてくださいね。お腹もこころも贅沢に満たしてくれる焙じ茶プリンで、もう我慢することはありませんね。もちろん、美味しいからって食べすぎてはダメですよ!笑

今回使ったアイテムは、炭炒り焙じ茶。

炭火で炒った本格焙じ茶。焙煎した香りが鼻と口に一瞬で広がり、焙じ茶の味が忘れられなくなるほど香ばしく美味しいので、プリンに使用しても香りを十分に楽しむことができます。

深蒸し茶専門店の焙じ茶は
・他よりも香ばしい香り
・苦味や渋みが少ない
・低カフェイン
・リラックス効果
・細菌やウィルスをやっつける
・ビタミンCがレモンより豊富で美肌効果あり

こちらから購入できます。↓

https://www.kimikura.jp/SHOP/617298/617751/list.html

このコラムのライター写真

ここで使う「炭炒り焙じ茶」が香ばしくコクのある味わい。だからこそ上品で高級旅館で出せれるような贅沢な焙じ茶プリンになります。ぜひご自宅で贅沢な気分を味わってくださいね。

母里もり比呂子ひろこ

CREW WORLD静岡県編集長 兼 統括編集長
(静岡県出身)

大学卒業後、国際線の客室乗務員、美容業界向けの広告営業として勤務後、結婚・妊娠を機に専業主婦へ。社会から離れた不安や孤独感を解消するため、ベビーマッサージの資格を取得する。出産後はベビーマッサージ講師を経て、子連れ出勤を歓迎する株式会社OMOYAのスタッフとして週2日事務の仕事に従事。2015年にスクワランオイルを使った無添加スキンケアブランド“hirondale(イロンデール)”を設立。代表としてブランドを拡大する一方で、CREW WORLDの静岡県編集長兼統括編集長。私生活では4歳と1歳1ヵ月の二人の子育てを楽しみながら、お茶の勉強、旅に行き、その土地の美味しいものを食べることにはまっている。

このコラムのライター写真

山本未季

食育アドバイザー
(静岡県出身、27歳・5歳女の子&1歳男の子ママ )

長女の食物アレルギーで悩んだことをきっかけに食の大切さと食べること、そして作ることの素晴らしさに目覚める。カラダにやさしい食材の良さを伝えながら、地元の名産物や自然・有機栽培の野菜、化学調味料不使用の簡単料理をコンセプトにレシピを提案。食べたものが自分のカラダを作ることを伝えていきたい。

COLUMN
一般公開
Comment

コメントはありません

Cancel
Post icon black

トピックを投稿する

※絵文字は使用できません。絵文字を入れて投稿した場合、絵文字は削除され投稿されます。

添付するファイルを選択してください。ファイルは一つあたり1MB以下として下さい。一度に複数のファイルをアップロードできます。