Skill

Japan
Crew
Image

【CA流!健康管理】免疫アップで風邪予防!

2018年01月26日|Japanグループユーザー



関東は雪が降って一気に冷え込み、寒い日が続いていますね。
とは言えCAは仕事上、常夏の国に行ったり、日本よりも極寒な地に出向きます。
気温差は30度を超えることもしばしば。
(私の最高記録は、-18度の地から30度の差!!!!)

ですが、その割に風邪を引くことが少ない気がします。今日はそんなCAたちが実践している予防方法をお伝えしたいと思います!





① 『湯たんぽ』を活用!

国際線乗務時、レストと呼ばれる休憩時間が数時間ありますが、レストエリアはとても乾燥しており、寒いことがあります。
そんな時CAたちのカバンから登場するのが、湯たんぽ。(海外購入の結構かわいいデザイン。)
風邪を予防するためには、身体を冷やさないことが重要ですが、機内でなくても寝るときやデスクワークの際、お腹や腰を温めると効果的ですね。ちなみに私は寝るとき、脚先で湯たんぽ挟み込むこともあります。(笑)



② 『湯船』に浸かって!

日本って、水周りの環境が世界一だと思っています。日本のお風呂、本当に素晴らしい。
海外ステイの時はバスタブがなかったり、浅かったり、衛生面で心配なこともあります。だから、オフの日は必ず湯船に浸かってるCAがほとんどな気がします。
お風呂の中の蒸気で喉や鼻も潤い、疲れも癒されますものね。皆様も是非お風呂でパックして、ぼーっとしてみてください。



③ 仕事カバンに『青汁』を!

スティック状の健康飲料を持ち歩いている人が多い気がします。特によく見るのは青汁。
特に一人暮らしのCAにとって、野菜を買って、毎日自炊することは結構ハードルが高い…。なぜなら、家にいない期間も多く、野菜をダメにしてしまうことがあるから。そのため栄養が偏り、野菜不足になりがち。
そんなときの強い味方が「青汁」。
ビタミンCとか持ってる人も多いですかね。
フライトの合間でもさっとお水と混ぜて飲めるから、便利ですね。持ち運びもかさばらないし、私も持ってます。



④ ハンドバッグに『除菌ジェル』

おしぼりの文化って日本だけな気がします。
レストランなどでも手洗いうがいができたらもちろん一番いいですが、カフェやダイニングのテーブルについてから、手を洗いに行く方ってどのくらいいるんだろう…。とは言え食事の時はやはり手を消毒したいものですね。
菌を体内に入れないように、除菌ジェルもしくは除菌シートを使い消毒。CAとご飯に行くと、こぞってみんなシートを出す光景が!


⑤ 『くず湯』で胃腸を休ませて!

風邪の引き始めや、食べすぎが続いている時、それが悪化するか改善するかは臓器の活動量に左右されるようです。
特に胃腸は普段からフルで動いている部分。
疲れた時に食べ過ぎることで、消化にエネルギーが使われ、悪化してしまう傾向があるそう。
そんな時は液体状のものでお腹を休ませてみてください。ヨーグルトやゼリーなども良いですが、身体を冷やしてしまうのが難点。くず湯なら冷やすことなく、空腹を満たすことができますね。葛根湯にも由来する葛の力で、免疫を高めましょう。



ほかのCAの皆様はどうしてますか?
これから年度末にかけて忙しくなり、ウイルスや花粉の蔓延が懸念されますが、風邪知らずで元気に乗り切りましょう!
SKILL
一般公開
Comment
Japan

体調管理は仕事柄、特に気を付けていかないといけませんね‼︎個人的には湯船に浸かるのはとーっても重要で日頃の疲れが吹っ飛ぶ気がしています。日本人で良かったと思うことのひとつです♡笑

2018年01月27日
Cancel
Post icon black

トピックを投稿する

添付するファイルを選択してください。ファイルは一つあたり1MB以下として下さい。一度に複数のファイルをアップロードできます。